• サプリメントの買い方

    2019/05/12
  • 口に入るものという認識を

    人の身体は口にしたもので全てできている。そのため、口に入れるもの次第で体調も変わる。

    食事はもちろん、注意すべきはサプリメント。健康のために飲んでいるものが、不健康になってしまうケースも多く、サプリメントは手軽だから良いものではなく、きちんと必要なもの、効果のあるものを選ばなければ、良くも悪くも自分に返ってきてしまう。

    必要な成分

    サプリメントが気になった時、何のために摂ろうと思ったのか?

    まず、健康になりたいとぼんやりしたところだけで、サプリメント選ぶことは難しいし、何を買えば良いかがわからない。「健康になりたい」をさらに深くしていくと、今体調が悪いのか、気になる症状があるのか、と具体的にしたほうが、サプリメントも選びやすい。

    シミやシワが気になるのであれば、普段の生活にもタンパク質をとりいれたり、ビタミンCを摂取したり。

    疲れやすい、太ってきた時は、食事も見直す必要もあるが、ビタミンBをとりいれたり。

    まず、自分に必要な栄養素をあらかじめ決めておかないと、変化も見えず、闇雲な投資になりかねない。

     

    買いかた

    上記の栄養素は定番のため、どこのメーカーも販売しており、薬局や100円ショップでも目にする。

    ただ、安かろう悪かろうだけれはなく、サプリメントは安すぎるものから高すぎるものまでピンキリ。

    安いものは、少なくとも表記してある内容量が間違っていたり、添加物が多かったり、高いものはコスパが悪かったり、本当に様々。手軽に変えることは大切だと思うけど、商品を説明できる人がいて、意味のある内容のものでなければ困るものが、飴やガムのように簡単に買えるものなのだろうか?

     

    • 内容量が正しいこと
    • 信頼できる会社であること
    • 健康被害が出ていないこと
    • 詳しい人がいれば相談すること

    これは最低限気をつけたいところ。

    海外輸入などもできる現在だが、製品の保証がないことと、危険なことがある。

     

     

    このようなニュースになるということは、やはりネット購入の人も多くなってきているのでしょう。

    せっかく、健康意識が高くなっても、まだまだ情報の質が追いついていないことも残念。せっかく時間とお金をかけるのだから、効果のある質の良いものを手にとって欲しい。

     

Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。