• 英語への変換プラグイン

    2019/04/25
  • サイトアドレス対策

    サイトアドレスは短い方がよい、分かりやすい方が良い、など色々あるので、個人的にしっくりきたタイトルを英語にすることにした。しかし、毎回変換するのは、過去の記事を修正するにも大変なので、ここはプラグインに頼りたいので検索。

    Simple Slug Translate

     

    色々勉強になったけど、どうも今のバージョンに対応されいないようで?うまく変換されていなかった。

    コメントでお願いしたら、対応していただけそうだけど、よく考えてみたら、せっかく英語の勉強をしたんだし、自分で翻訳した方がよいのでは?と思い、結局現在は使っていない。

    しかし、今回有効化するときに、ちょっとわからなかった部分があったので、一応備忘録に。

    APIの利用

    capture

    capture

     

    IBMの機能を利用するため、登録が必要となるが、その手順の中で、APIの鍵を表示することが分からなかった。

    左上の「管理」を表示するとみられました。すごい初歩的なことなんだけど、意外とつまづいたという。。。一回登録しているので、もう使うことはないだろうけど、一応メモにしておきます。

Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。